amazonギフト券が購入できるプリペイドカードについて語る

携帯決済の裏ワザ

携帯決済を利用してamazonギフト券を購入する場合には、キャリア決済からプリペイドカードにチャージして利用する必要があります。携帯電話会社ごとにチャージできるカードが発行されていますので、いずれも発行手数料や年会費無料で、無審査で誰でも利用することができます。いずれのカードも決済代金に対してポイントが付与されますが、利用限度額や付与されるポイントの種類などの点で違いがあります。携帯電話会社が発行するプリペイドカードを活用すれば、amazonギフト券の購入以外にも便利でお得にお買い物ができます。

ドコモのプリペイドカード

NTTドコモの携帯電話を利用している方であれば、ドコモの携帯決済やdポイントでチャージすることができる「dプリペイドカード」が利用できます。このカードは国内のiD加盟店または日本国内外のMasterCardカード加盟店で利用できます。通常は200円で1ポイントが付与されますが、ローソンとマクドナルドで利用すると3%分のポイントが付与されます。高島屋で利用すると、2.5%分のポイントが付きます。発行条件は12歳以上であることで、中学生以上人であれば誰でも無料で発行してもらえます。カード残高の上限は30万円で、携帯電話代で付与されたdポイントもチャージすることができます。カード紛失時には利用を停止してもらうことが可能です。

auのプリペイドカード

auの携帯電話を利用している方であれば、auの携帯決済でチャージできる「au WALLET プリペイドカード」が利用できます。このカードはau WALLET加盟店またはMasterCard/VISAカード加盟店で利用できます。一部のお店ではポイント付与率が1%または1.5%に増量されます。貯まったWALLETポイントでチャージして決済に利用することができます。注意点として、au携帯電話の支払いには利用できません。1回にチャージできる上限は100万円と高額なので、海外旅行などにも利用できます。

ソフトバンクのプリペイドカード

ソフトバンクの携帯電話を利用している方であれば、「ソフトバンクカード」が利用できます。ソフトバンクカードは、国内外のVISA加盟店で決済の際に利用できます。決済金額や加盟店に応じて0.5%~3%分のTポイントが付与されます。付与されたTポイントはソフトバンクカードにチャージすることができますし、コンビニ店で利用することも可能です。携帯決済以外の方法でもチャージすることが可能で、チャージ金額の上限は100万円です。

プリペイドカードはメリットいっぱい

携帯決済できないアマゾンギフト券を購入することがプリペイドカードを経由すると可能となる上に各携帯会社のポイントも貰えるので通話料に充当することも可能です。買取サイトを利用して現金化するなら実質買取率アップとも捉えることができます。

ふつうの買い物もキャリア決済でプリペイドカードにチャージすれば必ずキャリアのポイント貰えるので使わない手は無いといえますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ