【はじめての現金化】ネットでamazonギフト券を買取してもらうやり方

amazonギフト券はamazonのみで使えるギフトですが、買取サイトなどで売却することもでき、額面の何割という形で現金化が行えるので、こういったサービスを知っておくと役立ちます。

買取サイトでAmazonギフト券を売却するやり方

Amazonギフト券買取のやり方

  1. 買取サイトの公式ホームページにアクセス
  2. 申込みフォーム送信
  3. 本人確認のため身分証提示、振込先情報確認
  4. Amazonギフト券の送付
  5. 振込完了

基本的に買取は、売却したいサービスのホームページを見付けて申し込みを済ませ、本人確認書類を送って利用を始める流れです。はじめての方なら申込から入金までおおよそ60分以内で終えることができるでしょう。

やり方は簡単ですし、誰でも来店不要で利用が始められますから、余っているamazonギフト券が有効活用可能となります。またクレジットカード現金化で利用する方も近年では増加しておりその他、携帯決済現金化でも利用されています。

サービス内容の買取率や買取可能ギフトタイプを確認

ホームページには、取り扱い商品の種類や買取金額の記載があるので、まずはサービスの内容に目を通して把握しましょう。

amazonのギフト券には、カードタイプやEメールタイプが存在しますから、売買に対応する種類を確認して利用を始めることが必要です。

売却するつもりが、査定を受けた後に対応していないと分かれば不可能になるので、予めチェックを済ませておくのがベストです。

次に利用条件に納得ができたら、具体的なサービス利用のやり方で手続きを始めて、実際の売買を行う段階に進みます。

申込みフォームで受付をする

申し込みフォームが用意されている場合は、氏名や電話番号などの連絡先に加え、メールアドレスと売却したいギフト券の金額を入力して送信します。

折返しサービス利用の可否であったり、金額の見積もりが伝えられますから、納得次第売買に進むことができます。

本人確認書類を提出

amazonギフト券のような商品の売買は、信頼関係がないと行えないものなので、本人確認が行える書類の提出が求められます。

これは実店舗を持つ質屋、チケットショップなどでも同じなので、amazonギフト券を取り扱うネットのサービスに限られるものではないです。

本人確認は顔写真付きの身分証が最適なので、顔写真が載っている免許証、あるいはパスポートといった種類を用意するのが良いでしょう。

書類の提出方法は業者によりますが、大抵は写真を撮影して送信するやり方で済みます。

郵送するような手間はありませんから、その点は実店舗のサービスよりも利便性が高く、便利に活用できるものとなっています。

本人確認が完了したら、いよいよギフト券を用意して業者への提出に入ります。

用意するギフト券は有効期限を確認する

amazonギフト券には有効期限が設定されているので、未使用かつ有効期限内のものを用意しましょう。

有効期限は余裕があるほど喜ばれますが、買取金額にはあまり影響しないので、期限が迫っているような状態でなければ査定通りの売買が実現します。

ギフト券を提出して有効性が確認されれば、指定した銀行口座に買取金額が振り込まれます。

振り込みのタイミングは業者次第ですが、早ければ当日中に行われることもあります。

買取サイトが初回利用なら買取率が上がることも

額面の9割以上の買取を謳うサービスもあるので、amazonギフト券が手元に余っているなら、このような便利なやり方で売却して現金化できます。

特に初回申込なら買取率が上がるキャンペーンを実施している業者も少なくないので積極的に買取保証をしているようなところを利用するほうが良いでしょう。

使い所がなく余らせているギフト券は、来店不要のインターネットサービスで簡潔に、現金に変えて受け取れるのが魅力的です。

買取サイトでもっと高くamazonギフト券を売る方法ってないの?

ただしあまり有名なサイトでなかったりするとあまり高すぎる買取率は詐欺業者の可能性もあるので気をつけましょう。

amazonギフト券の買取で詐欺にあわないための3つの方法

amazonギフト券の買取で95%が危険な理由と得する方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ