チャージタイプのamazonギフト券は買取不可能な理由とその対策

現金化を目的のためにamazonギフト券を利用される方が多いですが、購入したギフト券のコードを誤ってアカウントにチャージしてしまったらどうなるのでしょうか。

一般的に買取を行なう際はeメールタイプでもシートタイプでもコード番号が重要であり、チャージされる前の状態で取引するのが普通です。
コードをアカウントに登録すると、そこから買い物をする時に支払うことができるようになりますから買い物目的であればチャージタイプは何も問題はありません。

しかし、現金化のためにamazonギフト券を購入した場合ですと一度チャージしたものはアカウントから取り出すことが不可能です。

一度チャージしたアマゾンギフト券は現金化できる?

チャージしたAmazonギフト券は現金化できない?
アカウントの売買をすることは不可能ではありませんが効率的ではなく買取が難しいと考えた方が良いでしょう。

通常アカウントに登録されてしまったAmazonギフト券のコードはすでに価値はありませんから現金化は不可能です。

ですが買取ボブではチャージしたAmazonギフト券の買取が可能です。

換金率は下がってしまいますが現金化できることが稀なので仕方がないと割り切ったほうが良いでしょう。

チャージしたAmazonギフト券を買取してくれる買取ボブはこちら
買取ボブ

自分で商品を購入して換金する方法もある

次に考えることが、取り出せないにしても、どうにかして換金率の高い状態にしたいと思う方が多いでしょう。
amazonギフト券は、アマゾンのなかではお金で同じ価値があり、物が買えるので買取業者も換金してくれる訳ですから価値の高いものなどを購入したら良いかもしれません。

ですが、ギフト券でも購入できないものがありまして、それはプライム会員などの年会費の支払いなどのサービスとamazonギフト券そのものになります。
チャージされたものからギフト券を手に入れるのは不可能ですので、100%の金額を取り出すことは実質的に難しいと考えてください。

たくさんの販売されている商品のなかから換金率が高いと思われる商品を探す必要があります。
もちろん人によっては、お金と同じ価値があり、物を購入できる訳ですから諦めてしまう方もいますけど、現金化が目的ですので、どうにかして現実のお金にしたいと考えるはずです。

クレジットカードで商品を購入して転売をするといった従来の現金化と同じ方法と考えると分かりやすく、換金性が高いといわれる商品を探して購入して転売すると良いでしょう。
よく転売で利用される商品としましては、大型家電量販店で販売されているようなパソコンやデジタルカメラ、ゲーム機、高級ブランドバッグなどになりまして、相場価格などを確かめながら利用してください。

購入した商品は買取サイトや専門店で引き取ってもらいましょう。

しっかりとした商品選びと手数料を抑えることによって、換金率を80%近くまでにすることは可能なので、そのままamazonギフト券を買取してもらうのと変わりない数字にすることが可能です。
手間や時間はかかってしまいますが、間違ってチャージタイプを購入したり、アカウントにチャージしてしまったりした時の対処法となるでしょう。

アカウントごと売買することはあまりおすすめしない

アカウントをそのまま売却してしまうことができる業者も存在していますが、クレジットカードの情報の削除、パスワードの変更など手続きも細かく、自分が買い物をする時に新たに別のアカウントを用意しないといけない面倒があります。
それに換金率が低く設定される場合も多くありますから、失敗しないようにamazonギフト券を用意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ