amazonギフト券の買取で95%が危険な理由と得する方法

amazonギフト券の買取では、換金率が重要です。換金率は額面に対しての現金に換えることのできる割合を指します。

100%に近いほど元の値段と変わらないので、損をする金額を少なくできすので換金率は高ければ高いほどお得にできるよう言うわけです。

業者選びのポイントはみんな換金率

換金率は高ければ高いほど損をしないので、業者を決めるときの重要なポイントになります。

しかし換金率は、高ければ高いほど良いわけではありません。もし高すぎる換金率を提示している買取サイトがあれば詐欺業者を疑ったほうが良いかもしれません。

amazonギフト券の買取で詐欺にあわないための3つの方法

amazonギフト券の買取で95%が危険な理由

一般的なamazonギフト券の換金率は、70%から90%が相場と言われています。つまり元の金額の9割近い値段で売却できれば、十分高いと言えるでしょう。

ですがネットの一部には、95%の業者も存在しています。

相場が90%程度ですから、それよりも5%も高い業者は非常に魅力的な存在です。

そのためamazonギフト券の買取を依頼するなら、95%で売却できる業者を探して利用したいと思うかもしれません。

しかし結論から話すと、amazonギフト券の買取で換金率95%は実現できません。

実現できない理由は、お客さんに送金するときに手数料が発生してしまうからです。

お金は手渡しではなく、銀行振込で受け取るのが一般的な流れです。

そのため買取後には必ず指定した銀行口座にお金を振り込むために、手数料が発生してしまいます。

手数料の負担が業者持ちなら、95%で買い取ってしまうと儲けはほとんどありません。

業者としては利益率が極端に下がってしまうので、相場より高い換金率にするならお客さんに手数料を負担してもらうしかないでしょう。

手数料の負担が利用者側にあると、実質の換金率は下がってしまいます。

例えば10,000円のamazonギフト券を95%で売却しても振込手数料を負担することになれば、実質90%を超えた程度になります。

さらに振込手数料以外の費用を請求してくることもあり、これでは他の一般的な換金率と変わらないのでお得だとは決して言えません。

90%程度でも振込手数料の負担がなければ却って得することもあるので、業者を探すときには手数料についても調べるようにしましょう。

こうした仕組みがあるのに95%と相場より高い数値大々的に謳う業者は、悪徳である可能性も捨てきれません。

高い換金率をエサにamazonギフト券をだまし取ったり、個人情報を取得する目的かもしれません。

一見すると魅力的な換金率はトラブルの原因になりかねないので、あまりにも高すぎる場合は用心しましょう。

amazonギフト券の買取相場を見極める

買取サイトでもっと高くamazonギフト券を売る方法ってないの?

アマゾンギフト券の買取をお得にする方法

少しでも高く売りたいなら、90%程度で信頼のできる業者を選ぶことが大切です。

信頼性が高い業者なら、高い換金率を提示しながら振込手数料は自社負担がほとんどとなります。

またその他の費用についても必要なかったり、請求する場合はわかりやすく公式サイトに掲載しています。

こうした業者なら手数料を取られて儲けが少なくなることもないので、お得に買取ができるでしょう。

さらに換金率は、一度に多くの金額を申し込むほどアップしていきます。

買取を依頼するときには、できるだけまとめて申し込みをした方がお得になるので注意しましょう。

amazonギフト券の換金で90%くらいで現金にできるのは買取サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ