【購入できた】amazonギフト券をドコモ、au、ソフトバンクの携帯決済で購入するときはプリペイドカード

以前はNTTドコモ・au・ソフトバンクの携帯決済サービスを利用すれば、オンラインショップでamazonギフト券(コード番号)が簡単に購入できました。

ところが2017年11月から携帯決済サービスを利用してamazonギフト券を購入することができなくなってしまい、現在はこの方法が利用できません。

携帯決済でamazonギフト券を購入することは不可能ですが、携帯電話会社が運営するプリペイドカードのサービスを活用すれば間接的に購入することができます。

携帯決済でチャージしたプリペイドカードでamazonギフト券が買えた

携帯決済はドコモ、au、ソフトバンクが提供する決済サービスで携帯料金と合算して後払いできるサービスです。

クレジットカードなどと同じ後払いなので現金がなくても契約回線の利用枠までの金額が決済可能となります。各キャリアで携帯決済は呼び名が異なりますが基本的なサービス内容は同じです。

NTTドコモの携帯決済「d払い(旧ドコモケータイ払い)」

NTTドコモであれば、dポイントと呼ばれるポイントサービスが提供されています。

dポイントは電話料金の支払いなどの際に付与されるポイントで、電話代の他に商品の購入などにも利用することができます。

dポイントを実店舗やオンラインショップで利用する場合には、「dプリペイドカード」と呼ばれるカードを発行してもらいます。

dプリペイドカードには現金のチャージ機能があり、国際ブランドのクレジット決済機能(Mastercard)が付いているので、国内外の多くのお店でチャージした金額に限りカード決済で買い物ができます。

オンラインショップでもMastercardとして決済に利用可能です。

このカードは現金のほかに、携帯決済機能でdポイントをチャージすることができます。

携帯電話にカードの番号を登録すれば、ドコモの利用者向けのページにアクセスして暗証番号を入力することでキャリア決済限度額の範囲内でdポイントのチャージが可能です。

携帯電話を操作してチャージしたdポイントを利用して、オンラインショップでamazonギフト券を購入することが可能です。

auとソフトバンクの携帯決済「auかんたん決済とソフトバンクまとめて支払い」

auとソフトバンクでもNTTドコモと同様のプリペイドカードのサービスを提供しているので、携帯電話の決済機能を利用してチャージした上でオンラインショップを利用することができます。

2018年現在はキャリア決済機能で直接amazonギフト券を購入することはできませんが、携帯電話会社のポイントカードを経由すれば以前と同じようにオンラインショップで購入することが可能です。

携帯電話会社のポイントにチャージする手間がかかりますが、操作方法は暗証番号とチャージ金額を入力するだけなので慣れれば短時間で済ませることができます。

この方法で決済を行う最大のメリットは、各社ともプリペイドカードにチャージしてから支払いをすると決済代金に対して0.5~1%分のポイントが付与されることです。

付与されたポイントはプリペイドカードで決済をするのに使用することができるので、割引サービスと同じです。

携帯電話の決済機能を利用した分の代金は、翌月以降に電話代として請求されます。

クレジットカードで電話代の支払いをすれば、携帯電話会社のポイントとは別にクレジットカード会社のポイントも付与されます。

同じ金額の決済をする場合でも2重にポイントが付与されるので、かなりお得です。

各キャリアのプリペイドカードを発行するときは公式サイトから手続きが可能です。

amazonギフト券が購入できるプリペイドカードについて語る

「amazonギフト券が購入できるプリペイドカードについて語る」では携帯キャリアのプリペイドカードの詳細と公式サイトが記載されています。

これからプリペイドカードの発行を検討している方は是非参考にしてみて下さい。

アマゾンのアカウントにプリペイドカードの登録がない

amazonギフト券を購入するときはプリペイドカードを支払い方法として選択するのですがアカウントの登録にはプリペイドカードという選択肢がありません。

ではみんなどのようにプリペイドカードを支払い方法の登録として設定しているのでしょうか?

じつはアマゾンでプリペイドカードを登録するときはクレジットカードの登録から行うことになっています。

プリペイドカードはクレジットカードと同じようにカード番号、有効期限、名義人が記載されていますからそのままクレジットカードの登録欄に入力して設定していきましょう。

その際稀にですがバンドルカードのような名義人が自分の名前が表記されていないプリペイドカードもありますので公式サイトなどで使い方を調べてみましょう。

ちなみにバンドルカードは名義人が[姓:VANDLE][名USER]となっています。

もちろん携帯キャリアが発行するプリペイドカードにはご自身の名前が記載されています。

amazonギフト券が買えるプリペイドカード「バンドルカード」無料ダウンロード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ