クレジットカードが止まる危険がある?amazonギフト券の現金化はグレーなので安全な購入方法を選ぶ

amazonギフト券はamazonのサイトで購入するとクレジットカードで購入できます。ただ、余りにも多くの金額を1度に購入したり、数ヶ月連続で多くの額面のギフト券を購入すると決済の利用が止まる危険性があります。これは、amazonギフト券が換金性が高く、現金化がしやすいからです。

amazonギフト券の現金化ははグレー

クレジットカード購入が危険
amazonギフト券の現金化はクレジットカードにキャッシング枠を付けるのが難しい方が良く利用する方法で、インターネットの金券ショップや売買仲介サイトで購入したギフト券の買取を依頼して、現金を得られる手法のことです。数ヶ月に1回くらいamazonを利用する方へのプレゼントや記念品として贈ったり、御祝いのお返しに遣ったりするのであればお付き合いの範囲内ですので、特に問題なく購入できるでしょう。

頻繁な現金化は換金目的の利用がバレて危険

クレジットカードを利用した大量購入が何度もあると、現金化の転売目的で利用していると発行元の会社に判断されて利用を止められてしまう危険性が高くなります。個人向けのショッピング限度枠は、購入した商品の立替払いのために利用できる限度額で、販売目的で購入するのは事業目的の商品の仕入と見なされてしまうのです。本来の目的と違う物に使われていると判断されてしまい、規約に反した使い方をしていると判断されて止まる危険があります。発行会社は24時間体制で利用者の動向をチェックしているので、瞬時に判断できます。クレジットカードが止まるだけでなく、そのまま強制解約になることもあり、他に保有していない方にとっては死活問題になるでしょう。

クレジットカードで安全にamazonギフト券を購入する方法

amazonギフト券を購入する場合には、安全な購入方法を考える必要があります。クレジットカードの国際ブランドが付いたプリペイド式のカードを利用する方法です。ネットショッピングでカード番号を入力すると情報が漏洩して悪用されるのが不安という方のために開発された物です。

バンドルカードなどは即時発行の無料プリペイドカードアプリなので使い勝手が抜群!実際のプラスチック製のカードとインターネットのみで使えるバーチャルカードとがありますので利用額面や普段の使い方などによって選ぶと良いでしょう。

プリペイド式のタイプに利用申込をして、チャージをする元となるクレジットカードを登録します。購入に必要な金額をチャージし、amazonギフト券の購入の際に、普段の決済の手続きと同様にプリペイド式のカードを登録して決済することが可能です。その際気をつけなくてはいけないのは、名義人の入力です。普段の購入時と同様に自分の名前を入力するのではなく、バーチャルカードの名前や屋号などの商標を入れなくては行けない場合があります。プリペイドタイプのカードを提供する会社の説明を見て確認するようにしてください。

プリペイドタイプを利用する場合、できれば購入を検討している金額よりも少し多めにチャージをするようにしてください。実際に決済で引き落としをする前に、確実に使える物か1円~数円程度を試しに請求して認証ができるか確かめる場合があります。1円でも足りないと決済ができずにキャンセルになってしまうので注意が必要です。

amazonギフト券も購入可能なバンドルカードが超便利な理由

amazonギフト券の換金で90%くらいで現金にできるのは買取サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ