amazonギフト券も購入可能なバンドルカードが超便利な理由

amazonギフト券が買えるバンドルカード
バンドルカードはVISAの加盟店でできるプリペイドカードのことです。実際に手元に発行されるリアルカードとスマートフォンのアプリという形で搭載できるバーチャルカードがあり、両方とも使い方については大きく変わることはありません。リアルカードは残高が100万円までですが、残高が10万円まででも手軽にアプリで設定すれば手軽に利用できるバーチャルタイプを好む方が多いです。ガソリンスタンドや公共料金の支払いなど一部支払いができない店舗やサービスがあるので注意が必要です。

バンドルカードは前払い方式のプリペード

バンドルカードは前払い式のため、クレジットカードやコンビニのレジやネットの預金口座、銀行のATMからチャージできます。以前は携帯決済が利用できましたが、携帯電話会社からのシステムメンテナンスを受けて一時停止中です。携帯決済は使えないので、利用再開までは他の方法を使う必要があるでしょう。チャージの上限額は1回当たり3万円までとなります。

クレジットカードとプリペイドカードの違い

通常クレジットカードを使ってamazonギフト券等の金券類を多く購入するのは難しいです。内祝いやプレゼントのお遣い物で数ヶ月に1回程度購入するなら特に問題はありませんが、1度に数万円単位で毎月入手しようとすると利用を止められることもあるのです。発行会社側からamazonギフト券等の現金化が疑われるためです。amazonギフト券はインターネットなどで比較的換金しやすく、クレジットカードのキャッシングができない方が現金を入手するために行われる手法です。発行会社側は商品を買う際に立て替える目的でショッピング枠を設定しています。現金化は転売目的で利用されるために、自分で使うために購入したという目的からは外れていると言えるでしょう。いわば商用利用目的で購入したことになるため、現金化が疑われる場合は利用が中止されますし、そのまま強制解約という事態を招きかねません。

その点バンドルカードはプリペイドカードなので、入金させる目的で使用されるためにその後は利用目的を発行会社に知られることはありません。バンドルカードは120日チャージや決済利用しない期間が続くと、30日ごとに100円口座維持費がかかる仕様でしたが現在は維持費が0円で済みます。

amazonギフト券が購入できるプリペイドカードについて語る

アマゾンアカウントにバンドルを登録してamazonギフト券が購入できる

バーチャルカードでamazonギフト券を購入する時には、アカウントの支払い方法に新規に追加登録する必要があります。ユーザー名は自分の名前をローマ字で入れるのではなく、姓にVANDLE名にUSERと入力します。カード番号や有効期限は保有しているバンドルカードやアプリに表示された通りに入力します。無記名で決められた金額の決済が可能になるので、インターネット上で名前等の個人情報とクレジットカードの情報が漏洩することなく安心して使えます。プリペイドカードなので、入金させた以上の金額の買い物はできません。オーソリと言って、実際に使えるか認証を取るために1円から数円ほどの金額を決済させることがあり、後から返金することがあります。ぴったりの金額をチャージすると購入額に満たずに決済不能となり、自動でキャンセルされる場合があるので、少し多めの金額を用意するようにしてください。

amazonギフト券が買えるプリペイドカード「バンドルカード」無料ダウンロード

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ