Amazonギフト券のコードを忘れてしまったらこの方法で復活できる!

amazonギフト券は、amazonで商品を購入するときに使える便利なギフト券で、ギフト券番号と呼ばれるコードが記載されています。

コードをアカウントに登録することで初めて使えるのでこの番号はギフト券を識別するための役割があり、とても重要です。

ですからギフト券番号がわからない場合は、ギフト券を使うことができなくなります。

ギフトコードを忘れてしまた、メールを誤って削除しまったなどでコードがどうしてもわからない場合はどうすればよいのでしょうか。

実はある方法を使うとギフトコードを復活させることができるのです。それは一体どのような方法なのでしょうか?

ギフトコードを忘れてしまった時の復活方法

amazonギフト券には様々なタイプがあり、コンビニで購入できるカードタイプのギフト券はギフト番号の部分にシールが貼ってあります。このシールを削って番号を確認しますが、番号まで削ってしまいわからなくなる人もいます。
その場合は、amazonのカスタマーサービスに電話をします。
担当者にカードの裏面にある16桁の番号を伝えれば、アカウントに追加してもらいます。

またEメールタイプや印刷タイプのamazonギフト券は、ギフト券番号を記載したメールを削除してもアカウントの登録が済んでいない場合は再送が可能です。

ただし再送の申込みができるのは、ギフト券を購入したアカウントのみとなります。

amazonギフト券の番号を忘れた場合は、早めにカスタマーサービスに連絡して手順を教えてもらうことが大事です。

amazonギフト券には有効期限があり、有効期限を過ぎてしまうとギフト券を使うことは不可能になります。

カードタイプは要注意

カードタイプの場合は、紛失してギフト券の番号がわからなくなると再発行ができないので注意が必要です。

カスタマーサービスに連絡したい場合は、ホームページの下部にあるカスタマーサービスに連絡という部分をクリックします。問合せの種類はプライム、その他を選択し詳細内容でamazonギフト券を選びます。

次に問合せの方法を選びます。

問合せ方法には電話以外にチャットとEメールがありますが、電話だと待ち時間が短く担当者と直接話すことができるので手続きがスムーズに進みます。

ギフトコードの再送について注意点

Eメールタイプなどの再送については1度しか行うことはできません。そして再送後に以前のギフト券が見つかってもそのコードは無効なものとなります。

紛失や失念など避けるためにも手元にあるギフト券はすぐにアカウントに登録するか、不要であれば買取サイトを利用することをオススメします。

Amazonギフト券の買取サイトであれば額面の90%以上で換金することも可能でスマホだけで行うことができるので利用者が急増中のサービスになります。

amazonギフト券の買取で現金化は手軽で便利

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ