amazonギフト券のギフトコードについて

amazonは日本でも人気がある世界的に有名な通販サイトです。そして国内外の様々な商品を購入できるamazonには、便利なギフト券があります。
a
mazonギフト券は商品を購入する際に利用することができ、デジタルタイプであれば15円から1円単位で設定できるので便利です。最近はスマートフォンを利用する人が増えていますが、忙しい場合はスマートフォンから注文できます。デジタルタイプであれば送信料が無料で、配送タイプであっても通常は配送無料です。配送タイプだと付属品も無料になります。

便利なamazonギフト券ですが、コードの使い方がわからないという人がいます。ギフト券で重要な部分がコードです。amazonギフト券ではギフト券番号と呼ばれています。

ギフト券を利用する場合は、記載されている番号をアカウントに登録することで買い物に利用することができます。

ギフトコードを登録する

  1. アマゾンにログイン
  2. ギフト券から登録を選択
  3. ギフトコードを入力
  4. 残高反映完了

amazonのアカウントにサインインして、ギフト券をクリックします。

記載されているギフト券番号を確認して登録を行います。登録すると、残高が増えています。

チャージされた金額が反映されているかを確認するために、残高履歴をチェックします。

登録をした日と金額が一致すれば反映されているので安心です。

チャージしたギフト券を支払い方法で選択する場合は、商品を選んでカートに入れレジに進むをクリックします。

支払い方法でamazonギフト券を選び、適用が確認されたら注文を確定させます。

ギフトコードを忘れた、紛失した場合は

ギフト券を紛失した場合は、条件付きでギフト券の再発行が可能です。

返金で受け取ったギフト券番号を忘れてしまった場合や送られてきたメールを削除してしまった場合も、すぐに連絡することで再送してもらえます。

カードタイプのギフト券を購入してアカウントにチャージする前に紛失した場合は、送信履歴がないため同じギフト券番号の発行ができないです。

ギフト券番号について困ったことが発生した場合は、速やかにamazonのカスタマーサービスに連絡することが大事です。

Amazonギフト券のコードを忘れてしまったらこの方法で復活できる!

ギフトコードを送る時は

amazonギフト券は、他人に譲渡することが可能です。ギフト券を友人にプレゼントする人もいます。

譲渡できるギフト券番号には条件があります。

  1. 未使用のamazonギフト券
  2. 有効期限内

1度もアカウントに登録していない番号で、有効期限が切れていないことが条件です。この2点をクリアしていれば問題なく利用することができます。

有効期限が切れている場合は、券は使えなくなります。

amazonギフト券には様々なタイプがありますが、チャージタイプのギフト券は購入すると自動的にアカウントにチャージされるため、受け渡すことが不可能です。
自分で使う場合でも誰かにプレゼントする場合でも、有効期限は必ず確認する必要があります。

ただし2017年4月24日以降のギフトコードは10年間と非常に長いのであまり気にしなくても良いかもしれません。それ以前のギフト券はタイプによって1年間や2年間などまちまちななので有効期限は確認しておいたほうが良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ